試験の活用事例
ITPEC試験のベースとなる情報処理技術者試験
日本のベンダ企業の91%、ユーザ企業の半数以上が利用

ITPEC試験のベースとなる日本の情報処理技術者試験は、1969年に開始されてから、これまでに延べ約1,700万人の応募者と、約210万人の合格者を輩出してきました。現在でも、毎年約47万人が応募する日本最大級の国家試験です。

IT人材白書2013(IPA)の調査によると、およそ91%のITベンダ企業が情報処理技術者試験をIT人材の育成ツールとして活用しています。また、ユーザ企業の半数以上でも試験が活用されています。
多くの企業では、受験者に対する受験料補助、合格者に対する一時金の支給などが行われています。

また、民間企業に限らず、中央官庁や地方自治体の間でも試験が利用されています。中央官庁や地方自治体のシステム調達要件において、情報処理技術者試験の合格者の有無やその人数が評価の対象になっているものが多くあります。

大学における試験の活用
日本国内の大学における試験の活用状況は以下のとおりです。
活用内容 大学数
シラバスの一部又は全部を参考とした授業カリキュラムの策定

111校

単位認定

119校

受験対策支援講座の実施

167校

受験を推奨(受験料補助、合格者の表彰、報奨金等支給)

131校

入試優遇

158校

ITPEC各国における試験の活用
ITPEC各国においても、多くの企業がアジア共通統一試験を利用しています。
ミャンマーにおける試験の活用事例
ミャンマーにおける試験の活用事例
metro-mm
itec-vn
試験を活用しているその他の企業の例
J-SYS
Kyocera Document Solutions Dev't Phils. Inc.
Myanmar DCR Co., Ltd.
     
NEC Telecom Software Phils., Inc
Tsukiden Global Solutions, Inc.
Tsukiden Global Solutions, Inc.